介護系の職場のやり甲斐について。どんな時にやり甲斐を感じますか?

介護施設のナースって、病院のナースに比べてやりがいがない…とか言われますよね(´・Д・)」

 

たしかに、病院のナースはバリバリ働いて、常に救命の最先端を突き進んでいます。

 

体力的にも、精神的にもハードでキツイし、辛いし…( ;´Д`)

 

まさしく人の生死に直面した仕事ですね。

 

けど、それがやりがいにつながっていますよね(*^_^*)

 

介護施設では、そういった治療や救命の場ではありません。

 

だから、医療行為も少ないし、看護師として病院に比べると仕事がないように思われがちですよねf^_^;

 

しかし、そんなこともないと思うんですよ(o^^o)

 

介護施設でのナースの仕事って、利用者さんの健康維持や、異常の早期発見が大事ですよね^_^

 

施設に入所する利用者さんにとって、体調不良による寝たきりは、ADLを低下させてしまいます( ;´Д`)

 

体調を崩すことにより、全身の機能が低下することがありますから、食事が取れなくなったり、飲み込みが悪くなったり…。

 

命に関わる事態につながりかねませんヽ(´o`;

 

だから、体調不良の早期発見に努めることや、体調を維持するためのケアって大切ですよね。

 

そんな仕事にやりがいを感じますね(*^_^*)

 

また、利用者さんにとって、施設は生活の場です(´・Д・)」

 

高齢の利用者さんたちにとって、人生の最期を過ごされる方もいます。

 

自分の家で過ごしたいけれども、一人暮らしで介護してくれる人がいない人。
家族が介護疲れで、施設を利用しなくてはならない人。

 

そんな様々な背景を持った利用者さん達がいます。

 

だから、そんな利用者さんたちが、少しでも楽しく、心穏やかに過ごしてもらうことを願っています。(*^_^*)

 

看護という関わりだけではなく、利用者さん一人一人との関わりの中で、利用者さんに心を寄り添うことが大事だと思っています(^ー゜)

 

利用者さんが心を開いてくれた時は、本当に嬉しく思いますねo(^_^)o