看護師パート メリット デメリット

長く派遣を続ける方法

これまでだと3年以上継続して働き続けることは派遣労働者は出来なかったのですが、今は、法律が変わって、無期雇用で働けるチャンスが労働者にあったり、紹介予定派遣で、派遣が切れた後は直接雇用することを行政が推進していたり、長く働けるよう教育訓練するよう、派遣会社に努力義務が課せられるようになりました。

 

なので、派遣でも法律上、働きやすい環境になってきたと思います。

 

でも、時給が高いことを理由に派遣で働いている方にとっては、出来るだけ直接雇用を避けたい場合もありますよね。

 

直接雇用だと時給が下がることが多く、その分、社会保険制度などは充実するとはいえ、責任も重くなったりしますしね。

 

理想は、派遣期間ギリギリまで働いて、間を空けず、次の派遣先で働き始められることで、派遣期間最後の方では次の派遣先が決まっているような感じがベストですよね。

 

看護師求人情報サイトを利用している場合だと、いろいろな派遣先を紹介してもらえますし、間がどうしても空いてしまう場合は、単発のアルバイトを紹介してくれたりするようです。

 

やはり、毎月の収入に大きな変動があっては、生活が成り立ちませんからね。

 

そういった点から考えると、正社員で働くということは、生活の安定を約束してもらえる、ということになるかもしれませんね。

 

長く派遣を続けるためには、毎回、良い仕事をすることも大事ですよね。良い仕事をしていると、必ずその評判は伝わりますから、たとえ一つめの職場の派遣期間が過ぎたとしても、違う仕事をした後に、同じところに来てほしいとアプローチがある場合があるからです。

 

また、良い仕事をして、良い人間関係の中で働くと、自分の自信にもつながるんです。1つ1つの仕事場での充実感や達成感が間違いなく次の職場で生きてくるので、派遣といえど、キャリアアップにつながっていくんですよね。